寝たきりの危険を回避! インターバル速歩とは

スポーツ

  • 2,297
  • 7
  • 0

favicons?domain=mainichi 医療プレミア 2015.06.10 UPDATE

1433841017YYjbR6hy4y

(2015年6月1日 医療プレミアより) 最近「体力に自信がなくなった」「夜よく眠れない」「健康診断でひっかかった」などでお悩みの中高年の皆さん。「インターバル速歩」をご存じでしょうか。インターバル速歩は科学的根拠に基づき、上述したような悩みを改善し、体力を10歳ほど若返らせる運動トレーニング方法です。しかも歩行術、”ややきついウオーキング”ですから、道具は必要なくとっても簡単です。いつでも始められます。新聞、テレビ、雑誌などで話題になり、最近はニューヨーク・タイムズ紙にも取り上げられました。

記事全文を読む

1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3

中田由夫

筑波大学 体育系 准教授 博士(体育科学)

信州大学、能勢先生のインターバル速歩。ニューヨークタイムズにも取り上げられたのですね。これまでの研究成果から、5ヵ月間継続することで、体力の向上や血圧の低下などが認められています。ただ、タイトルにある「寝たきりの危険を回避」までは実証されていませんので、その点はご注意ください。いずれにしても、一般的なウォーキングよりは、強度を高めたウォーキングのほうが得られる効果は大きくなります。ただ、強度が高いと疲れて継続できないので、速く歩いたり、ゆっくり歩いたり、というのを交互におこなうインターバル速歩は、継続しやすく効果のある運動手段のひとつだと思います。

  • 7
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1429007538dc08dd2db76c40ca5766ac8c1961d0af
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です