たとえ「子ども用」でも安心してはいけない! 日焼け止めクリームには危険な化学物質がいっぱい

出産・育児

  • 1,917
  • 11
  • 1

favicons?domain=healthpress HEALTH PRESS 2015.06.09 UPDATE

1433836844GmCu5G1ss1

(2015年6月8日 HEALTH PRESSより) 日焼け止めクリームには、多かれ少なかれ、多種多様な紫外線吸収剤が配合されています。これらが紫外線を吸収し、人体に影響の少ない赤外線や可視光線に変換して放出します。  紫外線吸収剤としてよく使われている化学物質は、「ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル」と「酸化チタン」ですが、これらが記載されている製品は、肌が敏感な子どもには絶対に使ってはいけません。

記事全文を読む

1429007538dc08dd2db76c40ca5766ac8c1961d0af

奥原剛

大学病院医療情報ネットワーク研究センター 東京大学大学院医学系研究科医療コミュニケーション学分野 特任助教 MPH(公衆衛生専門職)

マウスでの実験かヒトでの試験か、経口か皮膚かをごちゃ混ぜにして、どのくらいの量で毒性が出るのかという量の問題も言及せず、「非常に危険」「細胞の死滅」などの言葉を混ぜて語る、この手の記事もまた「非常に危険」だと僕は思いますが。

僕は長年ライターをやってきましたので思いますが、こういう記事は、科学的な厳密さを気にせずにネタをつなげていけばストーリーができあがりますので、語り手としては話をつくりやすいです。また、「危険→恐怖」と感情に訴えますので、読者受けもいい。

しかし、この記事のような話を聞いて、子供に日焼け止めを塗るたびに「大丈夫だろうか?」と不安になる人たちの気持ちも考えてほしい。タイトルのつけ方も、こんなに断定していいのか?

この記事の日焼け止めクリームの安全性(?)について、どなたか解説してくださるとありがたいのですが。

  • 11
  • /
  • 専門家のいいね!6
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900
  • 14279372274c08aa32939127469cb8d4d052380108
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 14321976593JHAhAtEyp
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • 1429131345XR5ivW3dIQ
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です