東京)認知症の高齢者、公園に置き去り 滝野川署の2警官

病気・医療

  • 919
  • 4
  • 0

favicons?domain=apital.asahi 朝日新聞デジタル(アピタル) 2015.06.08 UPDATE

(2015年6月 4日 朝日新聞デジタル(アピタル)より) 警視庁の警察官が5月、東京都内で認知症の高齢男性を保護した際、「家を失った人」だと思い、公園に置き去りにしたことが警視庁への取材でわかった。男性の命に別条はなかった。警視庁は「対応に問題があった」として、高齢者への対応に注意を払うよう全署に通知した。

記事全文を読む

1429007538dc08dd2db76c40ca5766ac8c1961d0af

奥原剛

大学病院医療情報ネットワーク研究センター 東京大学大学院医学系研究科医療コミュニケーション学分野 特任助教 MPH(公衆衛生専門職)

社会の高齢化が進む中で、医療者の役割は、ただ病気を治療し健康を回復することから、治療方針などの意思決定の支援や、病気や障害がありながらも心地よく生きるための生活の支援などへと、幅を広げています。社会公共の秩序と安全の維持を責務とする警察の役割も、社会の高齢化にともなって変わっていくのでしょう。

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!4
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1427696886a93a6b2c6ce5fc1b390447504c86d211
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です