がん患者「大腸」1位に…15年予測、「胃」「肺」抜く

病気・医療

  • 1,017
  • 9
  • 0

favicons?domain=www.yomidr.yomiuri.co yomiDr(読売新聞) 2015.06.02 UPDATE

1432807835s1sbaR0iC7

(2015年4月30日 yomiDr(読売新聞)より) 国立がん研究センターは、2015年に新たにがんになる患者数が、14年より約10万人増え98万2100人になると推計し、28日発表した。  種類別にみると、これまで3位だった大腸がんが、胃がん、肺がんを抜いて1位になり、肺がんは2位にとどまると予測した。男性に限ると、前立腺がん患者が最多になるとした。

記事全文を読む

1429007538dc08dd2db76c40ca5766ac8c1961d0af

奥原剛

大学病院医療情報ネットワーク研究センター 東京大学大学院医学系研究科医療コミュニケーション学分野 特任助教 MPH(公衆衛生専門職)

90% VS 13%。

なんの数字かご存知でしょうか。

大腸がんは、早期(ステージ0~Ⅰ)で発見されて手術すれば、術後の5年生存率は90%以上です。
一方、がんが進行してから(ステージⅣ)の場合、術後の5年生存率は13%です。

90%と13%。非常に大きな差です。

大腸がんは進行するまで、ほとんど自覚症状がありません。早く見つけることが大事です。早く見つけるための唯一の方法が、がん検診です。

大腸がん検診は検便です。自宅で検便して、病院に持っていくだけ。簡単です。

90%と13%。非常に大きな差です。
がん検診、受けましょう。

  • 9
  • /
  • 専門家のいいね!4
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900
  • 14279372274c08aa32939127469cb8d4d052380108
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • 1429131345XR5ivW3dIQ
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です