林和彦「がんに名医はいない。でも良医はいる」:がんに負けない患者力

病気・医療

  • 1,582
  • 10
  • 0

favicons?domain=gooday.nikkei.co 日経Gooday(グッデイ) 2015.05.27 UPDATE

1432702729UtPorkPTOF

(2015年5月27日 日経Gooday(グッデイ)より) がんの病状は個人差が大きく、治療法が複数あり、さらに患者一人ひとりの価値観も異なります。がんと診断された直後から、患者は自分の病気を理解し、さまざまな情報を取捨選択する人生が始まります。自身も肺がん患者である、日経BP社の山岡鉄也が、がんと向き合った人々に話を聞き、後悔しない人生を送るためのヒントを紹介していきます。

記事全文を読む

1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

近藤尚己

東京大学 大学院医学系研究科 健康教育・社会学分野 保健社会行動学分野 准教授 医師 社会疫学者

3人に一人がなるがん。それでも、「まさか自分が」と思ってしまう。人間には嫌なことを「自分に起きるわけない」と決め込んでしまう本能「正常性バイアス」があります。災害の時もしかり。来るべき時に備えて、避難訓練などで、どれだけイメージできるかが大事。「もし自分ががんになったら」と家族で話し合う、という先生のアドバイスも、そんな災害避難訓練的な効果が期待できそう。イメージしておかないと、いざ病気になったときに思考停止に陥り、根拠なき民間療法や、「がんは自然に治る」みたいな、極めて危険なアドバイスに傾倒してしまったりします(自分はそんな怪しい情報に騙されないよ、と思っていませんか?思いがけない状況におかれると、その冷静な判断を失ってしまうのが人間です)。

名医ではなく、良医を、「先生にあって元気出た!」といえる医者を・・というアドバイスも素敵です。がんにかかった知人を何人か知っていますが、そのような良医に出会えておらず、主治医への不信感をあらわにする知人が少なくありません。かかりつけ医を日頃から持っておくことも大切ですし、新しい医師と長く付き合っていく必要があるのでしたら、臆せずぜひしっかりと意思表示をしてほしいです。医師もそれを望んでいます。

  • 10
  • /
  • 専門家のいいね!5
  • 1429007538dc08dd2db76c40ca5766ac8c1961d0af
  • 1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900
  • 14279372274c08aa32939127469cb8d4d052380108
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1432698898MEYa4dBLaT
  • 1432196981e1b4cfc8f36f0396286bfb56f7a81276
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • 1429131345XR5ivW3dIQ
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です