寝たきり回避へ、ここまで進化した関節リウマチ治療:名医が解説! 最新治療トレンド

病気・医療

  • 3,263
  • 5
  • 0

favicons?domain=gooday.nikkei.co 日経Gooday(グッデイ) 2015.05.21 UPDATE

1432193422xscL0Dbecs

(2015年5月21日 日経Gooday(グッデイ)より) 関節リウマチといえば、関節が腫れて痛み、いつか寝たきりになる、そんな病気だといわれてきました。しかし、治療が進化した現在、状況は大きく変わり、患者さんの表情も全く違ってきているといいます。関節リウマチ治療がどのように進化したのか、東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター所長の山中寿氏に聞きました。

記事全文を読む

1429007538dc08dd2db76c40ca5766ac8c1961d0af

奥原剛

大学病院医療情報ネットワーク研究センター 東京大学大学院医学系研究科医療コミュニケーション学分野 特任助教 MPH(公衆衛生専門職)

「健康な人とほとんど変わらない生活を送れるようになった」というのは、語弊があると思います。たしかに生物学的製剤の登場で、リウマチの人達の生活は劇的に改善しました。痛みも進行もずいぶん抑えられるようになりました。

しかし、リウマチの人は関節の痛みがあるので、立ち仕事や、物の持ち運びのある仕事はできません。また、健常者ほどの体力もありません。リウマチになる前から正社員だった人は別として、リウマチの人が正社員として就職できるケースは、今でも非常にレアです。

正社員として働けないので、生活は不安定です。生物学的製剤のお金を払えなくなって、治療を断念せざるをえない人もいます。生物学的製剤のジェネリックが早く増えてくれるとよいと思います。

リウマチの原因はよくわかっていませんが、強いストレスでなるとも言われるので、特に女性の方は心身の疲れをためすぎないように気を付けてください。

  • 5
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1431408090vZkm0nPSpJ
  • 14321976593JHAhAtEyp
  • 14321155214d5f211a3ccf8de354db026be40af97a
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です