国立がん研究センター発表「緑茶1日5杯で死亡リスク低くなる」 そのワケは?

病気・医療

  • 951
  • 11
  • 2

favicons?domain=news.selfdoctor セルフドクターニュース 2015.05.14 UPDATE

1431513125PoiiYa1iP9

(2015年05月13日 セルフドクターニュースより) 新茶の季節です。緑茶の健康効果はよく知られていますが、このほど、国立がん研究センターの研究チームが、緑茶を習慣的に摂取する人たちは、死亡リスク及び心疾患、男性の脳血管疾患及び呼吸器疾患による死亡リスクの減少がみられたという研究結果を発表しています。

記事全文を読む

143130910655d2b7963799d3a3941cdde62b3ad021

村上慶子

帝京大学 医学部 衛生学公衆衛生学講座 助教 MPH(公衆衛生学修士) 博士(医学)

緑茶好きにうれしい研究結果です(私も)。
推定されているカテキンやカフェインの効果はもちろんのこと、健康意識の高い人が緑茶をよく飲む、お茶を一緒に飲める人がいるという環境が健康度アップに貢献している、などの理由もいわれています。
いずれにしろ、お茶でゆっくり一息つけるような生活をずっと送りたいものです。

  • 11
  • /
  • 専門家のいいね!5
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900
  • 14494684818302b153f29e05ae1da7495c5bf8f38f
  • usericon_noimage
  • 1431397713xgTS3xoML6
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • usericon_noimage
  • 14321155214d5f211a3ccf8de354db026be40af97a
  • 1432196981e1b4cfc8f36f0396286bfb56f7a81276

この記事へのコメント

  • これと同じような話で、「低カロリー甘味料を使った炭酸飲料」の話があります。炭酸飲料(低カロリーでも、ふつうのでも)をよく飲む人は、一緒に食べているものが太りやすいものが多かったと報告している研究がいくつかあります。

    この手の研究結果をみたときは、緑茶をよく飲むような生活パターンを想像してみる(のんびりする時間が持てているのかなぁ。家族と団らんする時間が持てているのかなぁ。ジュースではなくて緑茶を選択しているのかなぁ)と、考えてみると、健康情報を深読みできて楽しいですよ!

    このコメントにいいね!する

    7

  • とはいえ、緑茶を多飲するようなライフスタイルや食生活の健康効果を反映しているだけ、という可能性を否定できない点は注意。栄養素の研究のむずかしいところ。

    このコメントにいいね!する

    8

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です