肝臓移植による肝臓がん治療、移植前に再発リスクを正確に予測できるツールを開発

病気・医療

  • 933
  • 5
  • 0

favicons?domain=www.mededge Medエッジ 2015.05.17 UPDATE

1431064611hzYAExxaLI

(2015年5月8日 Medエッジより) 米国では、肝臓がんの治療法として、肝臓移植を受ける場合がある。  移植後にがんが再発する可能性があり、再発のリスクを正確に予測できる新たなツールが開発された。移植後、再発防止のための定期健診の間隔などを決めやすくなるようだ。日本でも肝臓がんの治療手段として肝臓移植の選択を取る場合があり、日本にも影響を及ぼしてくると見られる。

記事全文を読む

1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900

伊藤ゆり

大阪医科大学 研究支援センター 医療統計室 室長・准教授 博士(保健学)

詳細の臨床情報に基づき、がん治療の結果を予測する取り組みは非常に重要な取り組みです。効果的である対象に適切に治療が行えるような意思決定を行うために、蓄積したデータを有効活用する重要な事例です。今後、様々な臓器のがんでもこのような研究成果が出て、活用されることが期待されます。そのためにも、臨床情報をこのような研究に活用する基盤整備が急務となっています。

  • 5
  • /
  • 専門家のいいね!4
  • 142735085000caa3fbdf789c1202e7a082a746ac31
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 14279372274c08aa32939127469cb8d4d052380108
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です