塩分は控えめに…ってどれくらい?:医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

食事

  • 1,589
  • 6
  • 1

favicons?domain=gooday.nikkei.co 日経Gooday(グッデイ) 2015.05.22 UPDATE

1430984211tKFh3mAwmB

(2015年5月2日 日経Gooday(グッデイ)より) 食、医療など“健康”にまつわる情報は日々更新され、あふれています。この連載では、現在米国ボストン在住の大西睦子氏が、ハーバード大学における食事や遺伝子と病気に関する基礎研究の経験、論文や米国での状況などを交えながら、健康や医療に関するさまざまな疑問や話題を、グローバルな視点で解説していきます。  今回は日本人にとっては身近な「塩分」について。控えめにとか摂りすぎは良くないなどと常々言われていますが、一体どれくらいの摂取量なら、塩分を控えたことになるのでしょうか?

記事全文を読む

1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3

中田由夫

筑波大学 体育系 准教授 博士(体育科学)

「塩分のとり過ぎは良くない」はかなり常識に近いと思っていましたが、よくよく論文を調べてみると、「実はそうではない」という研究が散見されます。この記事で紹介されている論文に限らず、「食塩のとらなさ過ぎが死亡率を高める」ことは報告されています。http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24651634
いずれにしても、まだ議論が続いていることですので、こういうときは「中庸」、とり過ぎは良くないし、極端に気にし過ぎるのも良くない、と考えるのが良いのではないでしょうか。ただし、すでに血圧が高い人はしっかりと塩分コントロールしましょうね!(あとカリウム摂取も心がけましょうね)

  • 6
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1429007538dc08dd2db76c40ca5766ac8c1961d0af
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • usericon_noimage
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • 143218123062e4ba92b4eae69e49f1441b3fa2c1ee
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

  • 摂取量が低いことに関する議論について、ウェブの記事の解説は、朝起きた後の尿中のナトリウム量からの推測値です。尿中のナトリウム量が低い際の、摂取量の推測は妥当かどうか定かではありません。また発汗量が多くナトリウムを別経路で排出する人の集団かもしれません。論文では、摂取量に関する議論はすべきでないとありますが、ウェブの記事ではその点を無視しておりよい記事とはいえないでしょう。

    このコメントにいいね!する

    1

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です