「デブ菌」も関係?抗生物質を赤ちゃんに使うと肥満招く、1万人超の調査で判明

出産・育児

  • 1,432
  • 11
  • 0

favicons?domain=www.mededge Medエッジ 2015.05.01 UPDATE

1430446491RoOdqhGiNL

(2015年4月15日 Medエッジより) 大人で「デブ菌」がこのところ注目されている(「デブ菌」だけではない、自閉症と腸内微生物も関連?ネイチャー誌でも報告ありを参照)。子どもでも注目されるのかもしれない。  生後6カ月以前に抗生物質を使ったり、幼児期に何度も使ったりした場合に、子どもの肥満を招く可能性があるようだ。腸内細菌のバランスを崩すといった影響が関係するようだ。

記事全文を読む

1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

近藤尚己

東京大学 大学院医学系研究科 健康教育・社会学分野 保健社会行動学分野 准教授 医師 社会疫学者

子どものころの過剰な抗生剤投与が腸内細菌のバランスを崩して、肥満を含めた将来の健康のリスクを挙げる、というのは、とても興味深い仮説!
 とはいえ、この研究の結果は、抗生剤をたくさん使う傾向にある親の行動が、生活の他の面(たとえば子どもの食事内容や運動習慣など)にも影響する結果子どもが太りやすくなっているという”見せかけ”の結果を示している可能性を否定できません。今後の研究成果が待たれます。
 一方で、小児科の診療では、子どの軽い風邪にも抗生物質を処方してもらいたいと思っている親が多くいて、多忙な外来診療の中でしっかりと説明する時間がなく、結果として不必要な抗生物質が処方されている、ということが懸念されています(ウイルス性の風邪に抗生物質は効きません)。今回の研究が正しければ、そういう医療現場での課題も、今一度しっかり検討してみるべきかも。

  • 11
  • /
  • 専門家のいいね!7
  • 14494684818302b153f29e05ae1da7495c5bf8f38f
  • 1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 14264914291c1b81d1c179b677be464f4299d40394
  • 14279372274c08aa32939127469cb8d4d052380108
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • usericon_noimage
  • 1429131345XR5ivW3dIQ
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です