予防接種なしなら、児童手当なし リスクに悩む親も

出産・育児

  • 873
  • 5
  • 1

favicons?domain=www.asahi 朝日新聞デジタル(アピタル) 2015.05.09 UPDATE

(2015年4月28日 朝日新聞デジタル(アピタル)より) アボット首相が先日、「ノー・ジャブ、ノー・ペイ(no―jab no―pay)方針」なるものを発表した。簡単に言うと、「子供に予防接種をしない家庭に、政府は児童手当を払いません」という新しい計画だ。与野党が政策作りで常に対立するなか、今回は珍しく超党派の支持を得ているようだ。

記事全文を読む

1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

近藤尚己

東京大学 大学院医学系研究科 健康教育・社会学分野 保健社会行動学分野 准教授 医師 社会疫学者

大賛成です。科学的根拠に基づき、理由があって「打てない」人は適用外。国民は「翻弄されている」と記者は締めくくっているが、大いに翻弄され、議論して、結論を出してほしい。予防接種には、「打った本人の自衛」と、「みんなで打って感染が広がるのを防ぐ」という2つの目的があります。後者を集団免疫といい、感染予防には欠かせない考え方です。自分が打っただけでは100%予防できません。流行を抑えなければ、自分も守れません。だからみんなで打つことが大事なのです。日本は予防接種の政策が先進諸国中ではとても遅れています。そもそも集団免疫をねらうなら、インフルエンザなど、ワクチンを有料にしていること自体問題。4人家族で子どもが2人いたら、軽く1万5千円超えます。毎年この負担は子育て世代にはつらいはず。多くの先進国で、必要なワクチンは無料です。オーストラリアのこの政策の行方に注目です。日本にとっても多くの学びがあるはず。

  • 5
  • /
  • 専門家のいいね!4
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 14264914291c1b81d1c179b677be464f4299d40394
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04

この記事へのコメント

  • 私も賛成です。感染予防のために、子供たちのために、予防接種は受けておいたほうがいいと思いますね。

    このコメントにいいね!する

    0

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です