なぜ、生活保護者の医療費は2.6倍なのか NEWS FILE

健康・予防

  • 1,701
  • 4
  • 1

favicons?domain=president PRESIDENT Online 2015.05.08 UPDATE

1430382993w1AmDmfMom

(2015年3月18日 PRESIDENT Onlineより) 1兆6759億円。 これは、2012年度のわが国の生活保護費のうち医療扶助として支出された金額である。人口約620万の千葉県の総予算が約1兆7000億円で、それに匹敵する額が生活保護受給者の医療費に使われている。

記事全文を読む

14264914291c1b81d1c179b677be464f4299d40394

長谷田 真帆

東京大学大学院 医学系研究科 社会医学専攻 健康教育・社会学分野 博士課程 医師 家庭医療専門医・在宅認定専門医

所得の低い人が様々な病気にかかりやすいことはわかっていますので、医療費がやや多めにかかってしまうのはやむを得ないでしょう。しかし、2.6倍となると、かなり多いですね。記事でも触れられている通り、「生活保護受給者より生活水準が低い」レベルの人たちは、受診を控える傾向が強いと思われますので、早急に対策が必要です。「不適切」な医療サービスの利用を適正化することは、仕組みを持続可能としていくためには重要なことですね。
具体的には、レセプトの手前で、すなわち受診時の医療機関や調剤薬局で、重複受診・重複処方や残薬にきちんとチェックがかかる仕組みができるように、電子カルテやオーダリングシステムを共通のものにしたり、医療でもマイナンバー制度を導入したり、といった対策が、今後期待されます。

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1427696886a93a6b2c6ce5fc1b390447504c86d211
  • 1427383058989139d820385abdb4fe0bf8a1c032ad
  • 1429131345XR5ivW3dIQ
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04

この記事へのコメント

  • 医療にマイナンバーが導入されるのを待たなくとも、生活保護者の医療受診の内容は、管轄している都道府県・政令市には情報が上がってくる(レセプトが上がってくる)ので、重複受診や、重複処方は、今でもわかると思うのですけどね。
    何が、そのチェックを不可能にしているのでしょうかね?

    このコメントにいいね!する

    0

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です