野菜すべてが健康にいいわけではない 栄養のほとんど無い野菜を知るべき

食事

  • 1,370
  • 12
  • 1

favicons?domain=healthpress HEALTH PRESS 2015.05.21 UPDATE

14303727936QUkp46iZR

(2015年4月26日 HEALTH PRESSより) さまざまな毒素や汚染物質にさらされている現代人。こうした毒素や汚染物質は体内の炎症の原因となり、将来多くの健康問題を引き起こす可能性がある。野菜にはこうした炎症を抑える働きがあるといわれており、健康的な生活を送りたいのであれば、日常の食生活に野菜を取り入れることは不可欠だ。現在市場には、非常に多くの種類の野菜が出回っている。だが、野菜だからといって一概に栄養成分が豊富なわけではないことをご存知だろうか。

記事全文を読む

1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3

中田由夫

筑波大学 医学医療系 准教授 博士(体育科学)

「栄養のほとんどない野菜」という言い方はちょっとかわいそう。きゅうりとなすがその代表格に挙げられていますが、そんなことはないと思いますよ。栄養素が少ないとしても、水分や食物繊維が豊富な野菜をしっかりとることで、腹持ちや便通がよく、ダイエット効果も高まります。もちろん、きゅうりやなすばかりだと、とれる栄養素に限りがあるので、偏るのはよくありません。いろいろな種類の野菜を積極的にとるようにしましょう。

  • 12
  • /
  • 専門家のいいね!5
  • 1427696886a93a6b2c6ce5fc1b390447504c86d211
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 14279372274c08aa32939127469cb8d4d052380108
  • 143218123062e4ba92b4eae69e49f1441b3fa2c1ee
  • 1432186964JSGhKJoPUx
  • 14321976593JHAhAtEyp
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • 1431408090vZkm0nPSpJ

この記事へのコメント

  • 実際に、同じ量を食べるにしてもバラエティに富んでいた方がよいことを示唆する研究はあります。
    Cooper et al., Diabetes Care. 2012 Jun; 35(6): 1293–1300.
    http://care.diabetesjournals.org/content/35/6/1293
    こちらは介入研究ではないので、因果推論は限られますが・・・。

    このコメントにいいね!する

    3

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です