意外と知らない、薬の正しい飲み方・扱い方

健康・予防

  • 1,311
  • 3
  • 0

favicons?domain=gooday.nikkei.co 日経Gooday(グッデイ) 2015.04.28 UPDATE

1430117202vPNHaZ0r2v

(2015年4月26日 日経Gooday(グッデイ)より) 薬は逆さから読むと「リスク」(危険)。不調を改善したり、病気を治療するのに欠かせない効き目(効果)を発揮する半面、副作用を発現する可能性も併せ持っています。薬を安心して使うためには、正しい使い方を知っておくことが大切です。  今回は、コラム「薬剤師直伝! 市販薬の選び方・使い方」から、薬の使い方についてまとめている記事をピックアップします。

記事全文を読む

usericon_noimage

谷 友香子

東京大学大学院医学系研究科 健康教育・社会学分野 特任研究員 薬剤師 臨床検査技師 博士(薬学)

薬の飲み方には「いつ(食前?食後?)」「何で(水?ジュース?)」の他にも、「いつまで?」も重要なんです!特に抗菌薬は症状が治まっていても体の中では菌が生き続けていて、薬が効きにくい菌(耐性菌)ができてしまう恐れがあるのです。

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です