薬はなぜ「食後」に飲むものが多いの?:薬剤師直伝! 市販薬の選び方・使い方

病気・医療

  • 1,208
  • 3
  • 0

favicons?domain=gooday.nikkei.co 日経Gooday(グッデイ) 2015.04.28 UPDATE

1429691688iQDPQIpoyP

(2015年4月22日 日経Gooday(グッデイ)より) 市販薬の添付文書や外箱を見ると、「食べる前に」「食後に」などと薬を飲むタイミングが書いてあります。薬の効き目や副作用の出方は胃の状態と大きく関係していて、食べ物による影響は無視することはできません。「食前」「食後」「食間」とは具体的にいつのことを指すのでしょうか。

記事全文を読む

1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

近藤尚己

東京大学 大学院医学系研究科 健康教育・社会学分野 保健社会行動学分野 准教授 医師 社会疫学者

素朴な疑問によく答えてくれているいい記事ですね。食後ののむべき薬はなんでもいいので何かをお腹におさめてから飲みたいものです。そういえば、世界には1日昼抜きで二食が通例である国が多々ありますが、そういう国では「1日3回」をどういうタイミングで飲むのでしょうね。。

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1429131345XR5ivW3dIQ
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です