「スピードウォーキング」で俊敏性と心肺機能を高める:金哲彦式ウォーキング術 目指せマイナス10歳ボディ!

スポーツ

  • 2,294
  • 1
  • 0

favicons?domain=gooday.nikkei.co 日経Gooday(グッデイ) 2015.04.27 UPDATE

1429689649StvUZEsXot

(2015年4月21日 日経Gooday(グッデイ)より) 歩くだけで若々しい姿が手に入る「体幹ウォーキング」もいよいよ最終回。集大成となる今回は、“日常筋トレ”シリーズの第4弾「スピードウォーク」を紹介していこう。ピッチを上げて速く歩けば、筋肉の俊敏性を取り戻し、心肺機能もアップできる。

記事全文を読む

1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3

中田由夫

筑波大学 体育系 准教授 博士(体育科学)

同じウォーキングでも、歩行速度を上げることで運動強度が高まり、それによって得られる健康利益も高まります。歩行速度を上げるためには、ピッチ(時間あたりの歩行数)を増やす方法と、ストライド(一歩幅)を増やす方法がありますが、ピッチを上げれば自然とストライドも伸びてきます。気持ちの良い天気が続きますので、かっこよく、スピーディにウォーキングを楽しみましょう!

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1429007538dc08dd2db76c40ca5766ac8c1961d0af

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です