減塩に挑戦 (2)食品別の塩分量知ろう

食事

  • 1,335
  • 6
  • 2

favicons?domain=www.yomidr.yomiuri.co 読売新聞 2015.05.01 UPDATE

1429498407bsgeGIC9D1

(2015年4月19日 読売新聞より) 塩辛い物を食べ過ぎると喉が渇く。増えすぎた塩分を水分で中和するため、水を必要以上に飲むと、体内の血液量が増える。血管にかかる圧力が高まり、血圧が高い状態になる。塩分は血管を収縮させるので血流が悪くなり、その解消のため血圧が高くなる。  高血圧が続くと動脈硬化が進み、脳卒中や心筋梗塞、胃がん、大動脈瘤(りゅう)、慢性腎臓病、さらに認知症などのリスクが高まる。減塩対策が不可欠だ。

記事全文を読む

142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b

佐々木 由樹

管理栄養士 健康運動指導士 MPH(公衆衛生学修士)

意外かもしれませんが、パンは製造過程で塩を入れるので、塩分があるんです。
食パン2枚(塩分1.6g)食べると、味噌汁1ぱい(塩分1.2g)よりも、たくさん塩を摂ることになります。

じゃあ、パンをやめた方がいいのか? そうではないんです。
パンが主食のイギリスでは、国とパンメーカーが協力して、消費者にわからない程度に徐々にパンの塩分を減らすことをしました。
そして、国民全体の食塩摂取量を減らすことに成功したのです。

減塩は、消費者だけが努力する時代ではなく、国全体で取り組む時代です。

  • 6
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 14264914291c1b81d1c179b677be464f4299d40394
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • 1446824230a2076df5f42a4a163fa7ac27edc00150
  • 1470733581miF6Lf0Sjl

この記事へのコメント

  • 減塩を打ち出すのではなく、分からないところで進めるってところが重要かもしれませんね!

    このコメントにいいね!する

    2

  • まさにそうだと思います!

    日本で、企業名は忘れてしまいましたが…
    その企業の社食は、やはり利用者にわからない程度に味噌汁の味噌の量を少しずつ減らして減塩に成功したそうですよ。

    このコメントにいいね!する

    3

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です