機能性表示食品の「機能」って、信用できる?:病気にまつわる数字の話

食事

  • 1,512
  • 8
  • 1

favicons?domain=gooday.nikkei.co 日経Gooday(グッデイ) 2015.04.20 UPDATE

1429499483Ta6BEuwIcu

(2015年4月17日 日経Gooday(グッデイ)より) 「5年生存率」「検査陽性」「基準値」「平均余命」「リスク」…。皆さんは、ニュースで見かける健康・医療関連の数字の意味を、正しく理解していますか? 病気にまつわる「数字」について、誤解しがちなポイントを分かりやすく解説するとともに、数字の読み方、解釈の仕方についても、わかりやすく説明します。

記事全文を読む

142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b

佐々木 由樹

管理栄養士 健康運動指導士 MPH(公衆衛生学修士)

この記事では、機能性表示食品を選ぶ際の表示の見方を解説してくれています。

著者がポイントに挙げているのがPICO(ピコと読む)。
・P:だれに対して(participants)
・I:何をすると(intervention)
・C:何と比べて(comparison)
・O:どうなるか(outcome)
の観点をチェックすることをすすめています。

食品を例にすると、

“だれに対して”は、これは肥満の人を対象にした情報なんだな、
自分は肥満じゃないからこの結果は直接関係はないかな、などと考える材料になります。

“何をすると”と“何と比べて”は、
だいたいその商品を摂ると、その商品を摂らなかったときと比べて
になります。

“どうなるか”は、痩せるや血圧が下がるなどです。
どうなるかには、“どのくらい”変化するのかの視点も大事です。

  • 8
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1427272680237c8678367d5fcf60a0c5cab9e115ad
  • 1429131345XR5ivW3dIQ
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • 14334806105RalkPPMHZ
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です