内科医・酒井健司の医心電信 《194》 医師が飲まない薬を患者さんに処方するとき

病気・医療

  • 2,063
  • 2
  • 0

favicons?domain=apital.asahi 朝日新聞デジタル(アピタル) 2015.04.23 UPDATE

(2015年4月13日 朝日新聞デジタル(アピタル)より) 前回は、「金儲けのために医師は自分には使わない薬を患者さんに処方している」という噂には根拠がないことを述べました。 ただ、自分が使わないような薬をどんな場合でも絶対に処方しないかというと、そうでもありません。中には薬が好きな患者さんもいらっしゃるので、ある程度は希望も聞きます。風邪薬がわかりやすいでしょう。

記事全文を読む

14264914291c1b81d1c179b677be464f4299d40394

長谷田 真帆

東京大学大学院 医学系研究科 社会医学専攻 健康教育・社会学分野 博士課程 医師 家庭医療専門医・在宅認定専門医

私もこの先生のスタンスに近い診療スタイルのような気がします。自分の薬は、ドラッグストアで手に入るもので事足りています。もちろん、明らかに害になりそうなものは処方しませんが。ある程度関係性ができたところで、改めて処方内容について相談する機会を持っています。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です