50代の8割はひっかかる? 健康診断結果の読み解き方

健康・予防

  • 2,053
  • 2
  • 0

favicons?domain=www.nikkei 日本経済新聞 2015.04.12 UPDATE

(2012/6/13 日本経済新聞より) 年に1度受ける健康診断。その結果は、自分の体を知る大事な“成績表”だ。とはいえ、数値を見ても、何をどう変えればいいのか意外にピンとこないのもまた事実だ。健康診断結果の数値に込められた「体のサイン」を読み解こう。

記事全文を読む

1429007538dc08dd2db76c40ca5766ac8c1961d0af

奥原剛

大学病院医療情報ネットワーク研究センター 東京大学大学院医学系研究科医療コミュニケーション学分野 特任助教 MPH(公衆衛生専門職)

まず医療関係者には「文系には数字の羅列でめまいする人がいる」ことを分かってほしいですね(笑)また「数字」は抽象的で、「どう危ないか」が具体的にイメージできない。(これは精密検査の受診率が低い理由の一つだと思います。)健診結果の数値の悪い項目には、危険性を具体的にイメージさせる補足説明がつくとよいですね。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • 1427272680237c8678367d5fcf60a0c5cab9e115ad
  • 1451448995kXg5b2uZw1

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です