ピロリ菌や肝炎ウイルス がん予防、感染症にも注意

病気・医療

  • 1,472
  • 6
  • 0

favicons?domain=www.nikkei 日本経済新聞 2015.04.19 UPDATE

(2015年4月5日 日本経済新聞より) がんと感染症は一見関係なさそうな病気だが、一部のがんは病原体の感染が原因になる。例えばヘリコバクター・ピロリ菌が胃がんに、肝炎ウイルスが肝がんにつながる恐れがある。専門家がまとめた最新版のがん予防法でも感染の検査をすすめている。

記事全文を読む

1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900

伊藤ゆり

大阪医科大学 研究支援センター 医療統計室 室長・准教授 博士(保健学)

これまでの国内外における研究成果に基づくがん予防に関する提言がコンパクトになされています。まだ国内的にピロリ菌の除菌による胃がん予防に関してははっきりとした立場を示すだけのエビデンスが出ていないようなのですが、肝炎ウィルスに関しては、きちんと肝炎治療を行うことで確実に肝がんを予防できることがわかっていますので、多くの方に確認し、陽性の場合は適切な治療を受けてほしいと思います。
国立がん研究センターのがん予防法のページには「対策の効果」として、リスクが予防できた場合の影響の大きさを示す人口寄与割合が示されています。しかしながら、実際にどのような対策を行うことでどの程度死亡率を減らすことができるのかについては、具体的にわかっていないことも多く、まだ研究が必要な部分だと感じています。
http://epi.ncc.go.jp/can_prev/93/3457.html

  • 6
  • /
  • 専門家のいいね!4
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 14264914291c1b81d1c179b677be464f4299d40394
  • 1427272680237c8678367d5fcf60a0c5cab9e115ad
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です