長期欠席する小中学生が、約29万人に。国や社会が、子どものためにできることは?

出産・育児

  • 1,404
  • 0
  • 0

favicons?domain=news.yahoo.co yahoo!ニュース 2022.02.12 UPDATE

「息子が不登校になり1年半が経ちましたが、地域にフリースクールや通える場所はありません」 「不登校の子どもの面倒を見なくてはで、仕事が続けられません」 そんな相談がカタリバに寄せられることが、コロナ禍以降、増えました。今の学校や社会にどんな現状があり、どういう仕組みが必要とされているのか、今日は書いてみたいと思います。

記事全文を読む

1437467966ae49bd8bd6234b413a1bf3949e6d4fe4

雜賀智也

薬剤師、メディカルライター、MPH

カタリバ代表の今村久美さんの記事です。カタリバは、社会の変化に応じた教育活動を行うNPO法人。記事では長期欠席する小中学生が29万人と増えており、対策が必要と訴えます。対策とっして、子供たちの支援にオンライン活用が進められているそうです。簡単には解決できない難しい問題と思いますが、沢山の人たちに関心を持っていただくことが重要と感じます。私には、小中学生の子供がいるので、他人事とは考えられない重要な問題としてここで紹介させていただきました。2/14締め切りのアンケートが実施そうです。

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です