フレディ・マーキュリーと世界エイズデー

病気・医療

  • 376
  • 0
  • 0

favicons?domain=www.mhlw.go 厚労省感染症情報IDESコラム 2021.05.31 UPDATE

映画ボヘミアン・ラプソディ、見てきました。イギリスの伝説的なバンド、クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーの生涯を描いた映画です。みなさん、ご覧になりましたか?  HIVが専門の医師として、また自分の結婚式でクイーンの名曲“I was born to love you”を使わせていただいたものとして、これは見逃せない、と一人で映画館に行ってきました。  いや、素晴らしかったです。。。クイーンが好きな人はもちろん、音楽が好きな人やミュージカル風の映画が好きな人ならかなりお薦め。音楽が売りの映画は、やはり音響のよい映画館で見るのがよいですね。

記事全文を読む

usericon_noimage

酒匂 赤人

国立国際医療研究センター国府台病院総合内科医師 公衆衛生学修士

6/4に日テレでボヘミアンラプソディの放送があり、6/6にBS日テレでは映画未公開のシーンを含めて放送されるそうで、楽しみだなと思いつつ、HIV/AIDSは現在では治療できる病気であることも知ってほしいなと思います。

今回の記事自体は2年前のものだし、世界エイズデーも12/1なのですが、ボヘミアンラプソディ関連で何かいい記事ないかなと思って探していたら、ちょっとだけ知りあいでHIVの専門家である西島先生のを見つけ、信頼できる記事だと思ってとりあげました。

ヘルスナッジでも過去にボヘミアンラプソディとHIVを取り上げた記事がありますのでそちらもどうぞ。
http://healthnudge.jp/search?q=%E3%83%9C%E3%83%98%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%83%B3

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です