みかんの健康効果は? 白いすじや袋も栄養になって風邪の予防にも

健康・予防

  • 349
  • 3
  • 0

favicons?domain=weathernews ウェザーニュース 2020.12.10 UPDATE

16075301597pCk75npvA

12月3日はみかんの日です。 冬といえば「コタツでみかん」。これはかつて全国あちこちの家庭で見られた光景です。もちろん「わが家は今も『冬はコタツでみかん』だよ」という人もいるでしょうが、数は少なくなったでしょう。 とはいえ、秋から冬はみかんが旬の時季。コタツに入っても入らなくても、ありがたく味わいたいものです。

記事全文を読む

1437467966ae49bd8bd6234b413a1bf3949e6d4fe4

雜賀智也

薬剤師、メディカルライター、MPH

みかんは健康にいいよ、という記事です。記事によれば、みかんに含まれるβ-クリプトキサンチンは骨粗鬆症の予防に有効、ビタミンCは免疫力を高め、ヘスペリジンは中性脂肪を分解に有効などなど。しかし、記事中にそれらがどのような根拠に基づくのかが明確にされていません(参考書籍はあります)。そこでβ-クリプトキサンチンについて調べてみました。骨粗鬆症予防関してβ-クリプトキサンチンが有効とする論文は見つけられませんでしたが、2017年に発表されたメタ解析(複数の試験を統合した解析)論文でβ-クリプトキサンチン摂取と股関節骨折リスク低下とは関連がないことが報告されています。記事では、骨粗鬆症予防のために一日にみかんを3個食べればよいらしいですが、糖分が気になりますね。食品の健康への効果を過度に謳った記事は注意して読むべきだと感じます。

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です