子宮頸がんリスクは17歳までにワクチン接種で8割以上低下、スウェーデンの報告

病気・医療

  • 163
  • 1
  • 0

favicons?domain=diamond ダイヤモンド・オンライン 2020.11.04 UPDATE

16044918784gtMdRiVel

ついにHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンで、子宮頸がんリスクが大幅に低下するとの報告が出た。  先月、米医学誌に掲載されたスウェーデンの報告では、2006~17年にHPVワクチン接種を受けた10~30歳の女性167万2983人を追跡し、4価ワクチンの接種とその後の子宮頸がんの発症リスクを評価している。

記事全文を読む

1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

近藤尚己

東京大学 大学院医学系研究科 健康教育・社会学分野 保健社会行動学分野 准教授 医師 社会疫学者

HPVワクチンの効果についての追跡研究の成果に関する論文が出版されました。 元の論文はこちらです:https://www.nejm.org/doi/10.1056/NEJMoa1917338

医学専門誌のなかでも最も影響力のあるニューイングランドジャーナルオブメディシン誌からの出版です。同ワクチンについては日本では厚生労働省による積極的な接種の勧奨が控えられており、接種率は極めて低い状況が続いています。

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • 1465961304XKg5C0tZj2

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です