ダイエットに「食事時間制限法」という選択肢、慣れてしまえば案外ラク?

食事

  • 419
  • 2
  • 0

favicons?domain=diamond ダイヤモンド・オンライン 2020.09.15 UPDATE

1600154391HpwisejINV

太り過ぎがまずかったとCOVID-19体験を振り返ったボリス・ジョンソン英首相。  もちろん体重のみで重症化するわけではないが、大きな危険因子であることは事実。もはやダイエットは個人レベルを超えた「公衆衛生問題」なのだ。  あらゆるダイエット法の中で、最近の流行は「断食法」だ。大ざっぱにわけると、断続的断食と好きなように食べる「チートデー」の組み合わせ、週末断食(5:2法)、そして1日の食事時間を制限する「TRF」などがある。

記事全文を読む

14485255348c7d4a55e12edae2c16bc2f81f09fec4

児林聡美

HERS M&S 代表、保健学博士、公衆衛生学修士(MPH)、農学修士

プチ断食が減量に効果があったという研究結果が出たそうです。

減量するためにはエネルギー摂取量を減らす必要がありますから、食べてもよい時間を制限して、1日当たりのエネルギー摂取量を減らすことができれば、減量につながることは納得できます。

けれども、例えば糖尿病の患者さんでは、長時間の空腹後に食事を摂取することで、血糖値が上昇しやすくなることが知られています。
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26220945/

長期間のプチ断食が本当に健康に良い影響を与えるのか、今後はそれを調べる必要がありそうです。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • usericon_noimage
  • 14260398913b333fe62184b4ce320d1368e46001e9

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です