動物にも悲劇:ロックダウン中の孤独な住民を楽しませるニュージーランドの動物園の努力(Animal tragic: New Zealand zoos strive to entertain lonely inhabitants amid lockdown)

リフレッシュ

  • 441
  • 1
  • 0

favicons?domain=www.theguardian ガーディアン(The Guardian) 2020.05.03 UPDATE

1588775397klZEuqSt1k

サイはお腹をさすってもらうために姿を見せ続け、キリンはいつもの約束の時間をを守ってきたが、彼らを見る人は誰もいない

記事全文を読む

1432885578201d659b7d06ef2faacd52747df07eec

日吉 綾子

スウェーデン・オレブロ大学 医学部 准教授

少し前の記事です。ニュージーランドの動物園で来客が無くなったので動物が退屈、動物園では趣向を凝らして動物の日課や楽しみの維持に努めているとの記事でした。

サイとキリンはいつもの「お客さんに会う時間」には約束の場所に姿を現すのに誰もいないので、職員がお客さんになりました。好奇心の強い動物には、新しいパズルを提供したり、香水やコロン(?!)を撒いたり、耳慣れない音を立てるなどの工夫を凝らしたそうです。農場やふれあい動物園の動物は新たな「関係」を築けるところに場所を移しました。しかし、知的で社交的な動物、ゴリラやKea (インコの一種に見えます)、カワウソやミーアキャットは人間のお客さんを見て楽しんでいたので、誰もいないことを不思議に思い、がっかりしているそうです。

動物が混乱しないよう日課を維持しなければならないというのは想像がつきますが、動物の中には人間ウォッチングをして楽しんでいたものもいたのですね。

ちなみにこの動物園はその後、収入が無くなったことで動物の餌代の確保が困難となり寄付を募りました。幸い多額の寄付が集まり、ロックダウンがもうしばらく続いてもしのげるようになったそうです。(その記事はこちら:https://www.theguardian.com/world/2020/apr/21/new-zealanders-donate-230000-to-help-zoo-orana-wildlife-park-feed-animals-during-covid-19-crisis

人間だけでなく、いろいろなところに影響があるのですね。でも、人間を楽しみにしている動物がいることをしり、少し嬉しい記事でした。

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です