ビデオ会議アプリ「ズーム」使用中にポルノ画像、FBIがサイバー攻撃に警鐘

メンタル

  • 803
  • 2
  • 0

favicons?domain=www.afpbb AFPBB 2020.04.02 UPDATE

1585837640phnexkWFWP

【4月1日 AFP】新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)の中で人気が急上昇しているビデオ会議アプリ「ズーム(Zoom)」をめぐり、会議中にポルノ映像に驚かされたとの通報が米連邦捜査局(FBI)に多数寄せられている。  ニューヨーク州の検察局の報道官によると…

記事全文を読む

1468394389f93b2765c5048342b755e060852c3d78

今村文昭

ケンブリッジ大学医学部 MRC疫学ユニット

新型コロナウイルスの蔓延により、会議などのオンライン化が進んでいます。その一方でモラルに反する行為が至るところで問題になっているようです。

「ズームボム(Zoombomb)」「ズームハッキング(Zoom-hacking)」などと呼ばれるようです。

Zoomの場合
・会議への参加にパスワードを設ける
・参加者を限定する
といった手配が可能なため解決案はあるかと思います。ただオンラインセミナーなど一般公開に特異な障壁があるのは確かなようです。愉快犯の存在で余計な警戒をしなくてはならないのが残念でなりません。インターネットについて、多くの場合と同様、健全な利用を願っています。

* 日本での報告はまだないのかもしれませんが、アメリカ、イギリスでは多く確認されているようです。私の所属している英国ケンブリッジ大学でも、講演者と主催者の善意により、オンラインセミナーを一般公開としてZoomにより開催したのですが、この記事のような攻撃を受けてしまいました。非常に残念に思っています。その機もあってこの投稿へと至りました。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • usericon_noimage
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です