感染症のアウトブレイクによる危機と緊急事態におけるリスクコミュニケーション

病気・医療

  • 492
  • 3
  • 0

favicons?domain=mediadoctor media doctor 2020.03.03 UPDATE

 この文章は米国疾病予防管理センター(CDC)が公表している「CERC in an Infectious Disease Outbreak(感染症のアウトブレイクによる危機と緊急事態におけるリスクコミュニケーション)」を日本語訳したものです。感染症の性質を理解した上で、感染症のアウトブレイクに関する情報発信において重要な視点を示しています。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

名古屋市立大学大学院医学研究科医療人育成学分野 講師 博士(障害科学)

私も会員である、医療に関するメディア報道のあり方を勉強する会、「メディアドクター研究会」から、CDCが公表している感染症のアウトブレイクによる危機と緊急事態におけるリスクコミュニケーションの日本語訳が公開されました。なお、CDCでは、この文章について不定期に更新と改訂が行われているそうです。

以下6つの項目について述べられています。
1)初めが肝心(Be First)
2)正しい情報を(Be Right)
3)信頼を得る(Be Credible)
4)共感を示す(Express Empathy)
5)行動を促す(Promote Action)
6)敬意を示す(Show Respect)

 メディアドクター研究会が言及するように、この文書を参考に、国内での感染症報道とメディアのあり方について、多くの建設的な議論が広がることを願ってやみません。

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • usericon_noimage
  • 1437467966ae49bd8bd6234b413a1bf3949e6d4fe4
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です