ボディビルダーが「20%」? 意外と知らない「体脂肪率」の理解すべき知識

健康・予防

  • 477
  • 0
  • 0

favicons?domain=the-ans THE ANSWER 2020.02.15 UPDATE

1581759313oUYzi1zgBf

「THE ANSWER」の連載「骨格筋評論家・バズーカ岡田の『最強の筋肉ゼミ』」。現役ボディビルダーであり、「バズーカ岡田」の異名でメディアでも活躍する岡田隆氏(日体大准教授)が日本の男女の“ボディメイクの悩み”に熱くお答えする。41限目のお題は「体脂肪の理解すべき知識」について。

記事全文を読む

1459485756604fb09ee7655736eba9ffef63f3fb3a

笹井浩行

東京都健康長寿医療センター研究所・主任研究員 博士(スポーツ医学)

世の中に出回っているほぼすべての体脂肪計では、生体電気抵抗(bioelectrical impedance:BI)法という原理を使っています。簡単にいうと、体内に微弱な交流電流を流し、その際の抵抗値を計測します。含まれる水分の関係で、脂肪が多いほど抵抗値が高くなる特性があります。その抵抗値を内蔵の推定式に入れることで、体脂肪率を推定しています。

内蔵の推定式を作るには、体脂肪率の「正解」(妥当基準と呼ばれます)が必要となります。その妥当基準の計測には二重エネルギーX線吸収法という、もともと骨粗鬆症の診断に用いられる医療機器を用いることが多いです(MRIを使うこともありますが稀です)。この妥当基準は、利用可能な方法の中ではよい方ではありますが、それでも十分ではないというのが世界中の研究者の共通認識です。

つまり、体脂肪計が出す数値も、推定式を作るときの「正解」でさえも、十分に正確とはいえないのが現状です。記事中でも指摘されているように、推定式を作った集団の特徴から外れるほど、出てくる数値もかけ離れることになります。生きた人間の体脂肪率を正確に知ることはとてもとても難しいのです。それを踏まえた上で、参考程度に体脂肪率を考えると良いと思います。

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です