今年もインフルエンザの季節到来…!ワクチンはいつ受ければいい?

健康・予防

  • 195
  • 0
  • 0

favicons?domain=www.buzzfeed BuzzFeedNews 2019.10.25 UPDATE

1571968862FKt7cmq93p

すぐにでも打ってください。特に今年は、例年より早くインフルエンザが流行しています。 インフルエンザワクチンの効果は接種1ヶ月後にピークに達し、3、4ヶ月後に徐々に低下していきます。長いものだと効果は5、6ヶ月続きます。10月に打てば春先まで効果がもつでしょう。 インフルエンザのワクチンは毎年10月ごろに医療機関に届き、10月中旬ごろには多くの機関で接種できるようになります。

記事全文を読む

14470668971477880a6ccd276940fee5df6833d2c2

松下綾

薬剤師 医科学修士

インフルエンザワクチンの接種時期についての記事ですね。私が個人的にファンの、森戸やすみ先生の記事ですね。
記事にもある通り、インフルエンザワクチンの接種時期は「まさに今」です。今年は流行が例年より早いですから特にです。また、妊娠中にワクチンを打つことに抵抗があるかたもいると思いますが、記事にあるとおり、妊婦さんもワクチンを打てます。積極的に接種したほうが良いでしょう。
また生後1歳以上6歳未満児についても接種の意義は認められたとしています(日本小児科学会)小児についても、かかりつけ医とよく相談しての接種をお勧めします。
ところで、ワクチンについては記事の中に本が紹介されていますが、同じく森戸やすみ先生の「らくちん授乳BOOK」も個人的にはお勧めします。エビデンスに基づく情報が書いてあるので、授乳について数多あるネット情報に惑わされずに済みます。

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です