授乳期に起きる乳腺炎…早めの対策 重症化防ぐ

病気・医療

  • 47
  • 0
  • 0

favicons?domain=yomidr.yomiuri.co ヨミドクター 2019.10.09 UPDATE

乳房に痛みが出る乳腺炎は、母乳で子育てをする女性の3~5人に1人が経験するとされる。母乳の詰まりが原因で、放置すると重症化する。早めに助産師らに相談することが必要だ。

記事全文を読む

14470668971477880a6ccd276940fee5df6833d2c2

松下綾

薬剤師 医科学修士

乳腺炎に関する記事です。
非感染性の乳腺炎のリスクは
赤ちゃんが飲む量<母乳の分泌量
となるアンバランス原因として多いといわれています。ですから、何よりもまず大切なことは、母乳を頻繁に赤ちゃんにしっかり飲ませることです。インターネットなどで検索するといろいろな民間療法が出てきますが、まずは母乳をしっかり飲ませて、乳房に母乳がとどまることを防ぎましょう。
通常、乳腺炎の時は抗生物質や漢方薬が処方されることが多いです。服用していても授乳できる薬が処方されることが多いですが、念のため医師や薬剤師に確認してくださいね。

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です