糖尿病対策に「ゆっくり食べる」ことは効果的 よく噛んで食べるための8つの対策

食事

  • 114
  • 1
  • 0

favicons?domain=dm-net.co 糖尿病ネットワーク 2019.09.11 UPDATE

1568183207P2zRv12W6g

仕事などで毎日が忙しく、十分に咀嚼せず、食物を早く飲み込み、食事のスピードが速いという人は多い。しかし、早食いは体に悪影響をもたらすので注意が必要だ。早食いが原因で肥満になったり、血糖変動が大きくなり糖尿病リスクが上昇するという研究が発表された。

記事全文を読む

14485255348c7d4a55e12edae2c16bc2f81f09fec4

児林聡美

HERS M&S 代表、保健学博士、公衆衛生学修士(MPH)、農学修士

食べる速さが速い人ほど肥満になりやすいとか、糖尿病の発症リスクが高まるという結果は、ほかの研究でも示されています。

たとえばこの研究は記事の中で紹介されているのとは別の研究ですが
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22560127

食べるのが速い人ほど、その後肥満になるリスクや、その結果糖尿病になるリスクが高いことが示されています。

食べる速さは、妥当性の検討された質問票を使って調べていて、信頼性の高い方法をとっているといえます。

複数の一致した研究結果があることからも、肥満や糖尿病を予防するために「ゆっくり食べましょう」とアドバイスすることは、きちんとしたエビデンスに基づいているといえそうです。

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です