暑い時期に増えるサルモネラ食中毒 日ごろの心掛けで予防可能

食事

  • 140
  • 1
  • 0

favicons?domain=medical.jiji 時事メディカル 2019.07.26 UPDATE

1564101270vUQ6UJ0coP

暑くて湿度が高い季節に多いのが食中毒だ。中でも自然界に広く分布しているサルモネラ属菌は、食中毒を起こす代表的な細菌として知られている。毎年6~9月の気温が高い時期になると急激に患者が増え、厚生労働省の2017年の調査では、全国で約1200人の患者が報告されている。荏原病院(東京都大田区)の大西健児副院長は「サルモネラ属菌による食中毒は、日ごろのちょっとした注意で防ぐことができます」と話す。

記事全文を読む

14470668971477880a6ccd276940fee5df6833d2c2

松下綾

薬剤師 医科学修士

サルモネラによる食中毒についてがわかりやすく記載されている記事です。
この時期、室内も高温になることが多く家庭でも注意が必要です。
記事にあるサルモネラ属菌を防ぐには75℃、1分以上の加熱が推奨されています。
低温保存は有効ですが、過信は禁物です。(厚生労働省HPより)
まな板などの消毒には、薬局で購入できる塩素系の消毒剤も有効です。上手に食中毒を予防しましょう。

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です