なぜ蚊に狙われるのか?原因を知って対策を立てよう

健康・予防

  • 212
  • 0
  • 0

favicons?domain=www.lifehacker ライフハッカー 2019.07.19 UPDATE

1563425606s2yg7Wiw3Z

蚊に好かれる人とそうでない人がいますが、私は“美味しそうな”人間の1人なのだと思います。虫除けスプレーをしていないとたくさん蚊に刺されますし、妊娠していた時はかなりたくさん刺されました。 そこで、蚊に刺されやすいのには、いくつか原因があることがわかったのです。

記事全文を読む

1447395394abc6e563a9f5b1a6ead1f3eecf05dfd5

大西一成

聖路加国際大学大学院 公衆衛生学研究科 准教授  博士(医学) 環境疫学 公衆衛生学

蚊は厄介な存在というのは人類共通の見解なのかもしれません。
この記事では、蚊が人間に寄ってくる性質の原理とそのかゆみについて、今まで報告のある科学的な報告や実験結果についてまとめてあるもので、皆さんも耳にしたことのある情報がいくつかあることと思います。出典は海外の記事を翻訳したものですが、本文の説明にもある様に、人によって、蚊の種類によって、反応が多様である点を踏まえておく必要があります。それぞれのすべての条件をきちんと整理した上で研究することが難しく、一様の見解を得られにくく、殺虫剤以外の対策を取りにくい分野だと思います。蚊に刺された際の腫れ具合が人によって異なる点もあります。
かゆみはもちろん不快ですが、それより問題となるのが、病気(デング熱、ジカ熱、マラリア等)を媒介する蚊の生息範囲が、気候変動によって変化しています。今まで曝露のない人間へ感染し死に至るという点が危惧されます。日本では、四季があり夏を過ぎて冬になれば蚊が死滅、あるいは活動の減衰に伴いパンデミックが落ち着く、という点が救いとなっている様に思います。気候変動によって日本の四季が崩れてしまうとそのバランスも崩れてしまいます。
一方で、蚊が絶滅してしまうと蚊を餌にしているトンボなどへ影響があり、食物連鎖や生態系の崩壊に繋がってしまい、それがまた我々の住んでいる地球に影響を及ぼしてしまうでしょうか。
今後の研究に期待したいですね。

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です