インターネットの健康情報は落とし穴がいっぱい

病気・医療

  • 236
  • 1
  • 0

favicons?domain=www.asahi 朝日新聞デジタル 2019.07.17 UPDATE

体に不調を感じたり、病院で病気と診断されたりしたとき、インターネットで情報を調べる人は多いのではないでしょうか。ですが、その情報の信憑性(しんぴょうせい)は玉石混交なのが実情です。そのため検索サイトやSNSサービスなどを提供している企業は、不正確な情報が表示されないような取り組みを進めてきています。今回は、なぜ、そのような取り組みが必要なのか、そして取り組みに関する最近の話題を紹介します。

記事全文を読む

1437467966ae49bd8bd6234b413a1bf3949e6d4fe4

雜賀智也

医学出版社勤務編集者、薬剤師、メディカルライター MPH

是非読んでいただきたい記事です。
インターネットの情報は玉成混交で、注意が必要。真贋を見抜くのは簡単ではないですが、読み手は、偏見や思い込みなどのバイアスがあることを認識しておくことが重要です。

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です