胃腸は高温でダメージ受けやすい 夏バテ解消に効く漢方は

健康・予防

  • 142
  • 0
  • 0

favicons?domain=hc.nikkan-gendai 日刊ゲンダイヘルスケア+ 2019.07.16 UPDATE

1563159938uGJPXyQ8rb

うっとうしい天気が続いていますが、だいぶ気温も上がってきて夏目前になってきました。今回は夏バテに効く漢方を紹介します。  夏バテといえば、体が重だるいなど全身の倦怠感や、ヤル気が出ないといった気力の低下、食欲がなくなる、熱っぽさが主な症状です。  こういった「検査で異常が見つかるような症状ではない重だるい感じ」は、夏の高温多湿が原因です。

記事全文を読む

14470668971477880a6ccd276940fee5df6833d2c2

松下綾

薬剤師 医科学修士

夏バテにおすすめの代表的な漢方が紹介されています。
記事にも出てくる補中益気湯は、この季節、飲むと良い人はたくさんいるかもしれませんね。
全身倦怠感、食欲不振などをきたしたときに適応になることの多い漢方です。補中益気湯の構成生薬であるニンジンやオウギが食欲不振を回復させ、ショウキョウ、タイソウなどが胃腸の機能を安定させるといわれています。
六君子湯は脳内グレリンを介する食欲増強作用も近年報告されており、夏バテで胃腸の調子がイマイチ…という方によいかもしれません。
来週から気温が高くなることが予測されていますから、時には漢方を使って上手に夏を乗り切りたいですね!

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です