30人中4人のがん消える 光免疫療法、治験結果を公表

病気・医療

  • 294
  • 0
  • 0

favicons?domain=www.asahi 朝日新聞 2019.07.05 UPDATE

 光をあててがん細胞を壊す「光免疫療法」について、実用化を目指す米国の「楽天メディカル」は1日、都内で事業説明会を開き、新たな臨床試験(治験)の結果を公表した。手術や抗がん剤などの治療で効果がなかった米国の30人の頭頸部(けいぶ)がんの患者を対象にした第2a相の治験の結果、4人はがんが消え、9人は縮小していた。この治療法と関連があるとみられる重篤な有害事象は3人にあったという。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

名古屋市立大学大学院医学研究科医療人育成学分野 講師 博士(障害科学)

 米国立保健研究所(NIH)の研究員が開発した、近赤外光を利用したがん治療法についての記事です。記事にもあるとおり、この記事の内容は「がんの患者を対象にした第2a相の治験」の結果と言うことです。第2相試験は、少数の患者で効果を調べる試験ですので、実際に治療法として実施されるには、この次の治験の段階、多くの患者さんに実際に治療をしてもらい、既存の治療に比較してその治療が効果があるかどうかを調べる第三相試験を経なければなりません。第三相は比較群が置かれることがほとんどなので、ここで治療効果が従来のものより優れていることを示すことが出来ず、薬として販売が見送られるものもたくさんありますので、まだまだ油断はできません。

 まずはこの次の段階、第三相試験の結果を待ちたいと思います。第三相試験が成功し、がん治療に新たな選択が加わる日が早く来るよう願ってやみません。治験については国立生育医療研究センターのホームページがわかりやすいかなと思いますので、リンクを張っておきますね→治験ってなあに?https://www.ncchd.go.jp/scholar/clinical/chiken/patient/about.html

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です