第34回 食中毒の誤解、あれこれ ~「加熱すれば」「冷凍すれば」で大丈夫?~

食事

  • 310
  • 3
  • 0

favicons?domain=medical.jiji 時事メディカル 2019.06.21 UPDATE

1561098400xeX0E2JqDg

6月も半ばを過ぎ、湿度も高く、気温も上昇しています。6月から8月にかけてのこのシーズン、気を付けていただきたいのが食中毒です。その予防で大事なのは、食中毒に関する誤解を解くことかもしれません。

記事全文を読む

14485255348c7d4a55e12edae2c16bc2f81f09fec4

児林聡美

HERS M&S 代表、保健学博士、公衆衛生学修士(MPH)、農学修士

食中毒に関しては、色々な誤解があります。

変なにおいがしていなければ大丈夫とか
(食中毒で汚染された食品は色やにおいは変わりません)
加熱すれば大丈夫とか
(少々の加熱には耐える菌がいます)

そういった誤解が少しでもなくなるように、ぜひ知ってほしい知識が提供されている記事です。

以前、海外では生野菜で食中毒が起こった例もありました。
新鮮と思っても、生で野菜を食べる場合は、しっかり洗うということを徹底したいですね。

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です