「おからパウダー」の栄養成分はここがすごい!

食事

  • 176
  • 2
  • 0

favicons?domain=gooday.nikkei.co 日経Gooday 2019.05.27 UPDATE

1558926802jbZidiVTPQ

豆腐や豆乳を作った際の搾りかす、という存在から、今、そのダイエット効果が注目され、スーパーで品薄になる人気ぶりの「おからパウダー」。  「おからは、卯の花など和総菜の素材として親しまれてきましたが、劣化しやすく一度に使い切れない、という難点がありました。しかし、おからを乾燥させて細かい粉末にしたおからパウダーは、保存性も増し、活用の幅がぐんと広がっています」と、料理研究家の高橋典子さん。

記事全文を読む

14485255348c7d4a55e12edae2c16bc2f81f09fec4

児林聡美

HERS M&S 代表、保健学博士、公衆衛生学修士(MPH)、農学修士

おからパウダーの効能を、強く発信した記事のようですが、少し冷静になって把握したい点がたくさんあります。

・脳卒中の発症を予防する、という研究結果
まだ動物実験の研究で、ヒトでの結果ではないようです。
大豆たんぱく質を食べたときの効能であって、おからパウダーそのものの効果ではないようです。

・生おからよりおからパウダーが栄養豊富という表
この食品成分表示は、100gあたりで示されています。
パウダーになって、水の割合が減った分、ほかの栄養素の割合が増えるのは当然です。
食べた重さが同じであれば、確かに栄養素の摂取量は増えます。
けれども、おからパウダーを料理に使うとき、そんなに大量には使わないでしょう。
それならば、結局は生おからと同じくらいの栄養素摂取量になりそうです。

・大豆たんぱく質が動脈硬化を予防するという研究結果の図
これもおからパウダーそのものではなく、大豆たんぱく質の研究です。
そして、この研究では、大豆たんぱく質をたべた人の結果しかありません。
たべなかった人の結果と比べなければその効果はわからないので、この図から、大豆たんぱく質の真の効果はわかりません。

この記事から、病気の予防のためにおからパウダーを食べよう、とはならないと思います。

けれども、必要なたんぱく質を少し補うことができて、おいしいし、保存性にもすぐれているので使うというスタンスあれば、問題ないと思います。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です