薬の英語の情報、どうやって手に入れる?ドラッグストアで悩む外国人

健康・予防

  • 267
  • 2
  • 0

favicons?domain=withnews withnews 2019.05.13 UPDATE

東京五輪の開催を前に訪日外国人は右肩上がりで増え、昨年は3千万人を突破しました。日本を訪れた外国人が体調を崩し、病院の受診やドラッグストアでの薬の購入で困ったり、医療関係者が対応に悩んだりするケースも多いといいます。訪日外国人に、十分な薬の情報を提供するにはどうしたらいいのでしょうか?

記事全文を読む

14470668971477880a6ccd276940fee5df6833d2c2

松下綾

薬剤師 医科学修士

訪日外国人がドラッグストアでOTC医薬品を購入する際、英語表記がないために、不安を抱えながら購入することが紹介されています。
その際に「おくすり検索、英語版」のサイトを使用すると、英語表記の説明文が出てくるということが紹介されています。このサイトは是非有効活用したいですね。サイトを見てみると症状や部位別にお薬が検索できるようになっています。しかし日本で販売されているOTC医薬品の多くは商品名が日本語で表記されていて、英語表記がないものが多いです。ですので、外国人が店頭で商品を見て、このサイト上で商品名から、その薬がどんな薬なのかを検索するのは難しいかもしれません。例えばベンザ〇〇はBENZAと入力する必要があり、カタカナが読めないと厳しいかもしれません。店員さんも少し勇気をもって声をかけ、外国人のお客さんと一緒にサイト検索のフォローしてあげるとよりスムーズなのではないでしょうか。外国人のお客さんが増えているので、ドラッグストアで働く者も、基本的な英語は身に着けておく必要性が高まってきていますね…。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • usericon_noimage
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です