米でもはしか大流行、YouTubeは予防接種反対ビデオの広告収入をゼロに

健康・予防

  • 308
  • 4
  • 0

favicons?domain=jp.techcrunch TC 2019.05.06 UPDATE

1557130730klKg4GrsHd

BuzzFeed Newsに指摘されたYouTubeは、予防接種反対派のビデオを同社の広告収入源にすることをやめる。また同社は新しい情報パネルを予防接種反対ビデオの前に置き、そこに“vaccine hesitancy”(予防接種躊躇)のWikipedia記事のリンクを置く。YouTubeが誤報と戦う努力〔日本語記事〕の一環である情報パネルは、すでに麻疹(はしか)やおたふくかぜ、風疹(ふうしん)のワクチンに関するものが、それらに言及する予防接種反対派ビデオの前に置かれている。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

名古屋市立大学大学院医学研究科医療人育成学分野 講師 博士(障害科学)

 少し前の記事ですが、Youtubeが予防接種反対派のビデオを広告収入源にすることをやめたとの報道記事です。他の記事にもありますが、NYにおけるはしかの感染拡大を受け、Facebookを始めとするソーシャルメディアは、アルゴリズムを見直し、誤った情報の拡散を防ぐ方向に向かいつつあります。

 これは、Googleがアルゴリズムをかえ、良質な医療情報が検索結果上位に表示される一方で、Youtube内での検索では反ワクチン系の映像が上位に来てしまうことから踏み切った措置のようで、この時期にテック系のWebメディアを賑わせました。

 個人的にこのような動きは歓迎する一方で、どこまでどのように誰が判断するのか、日本語を始めとした各国言語での対応がどうなってくるのか、詳しく追わないといけないなと思いました。

 また、医療系の人間も、「メディア」には目が行くことが最近増えていきましたが、このようにSEOに関連するテック系の企業や人とも、積極的に協同していかなければならないなと個人的に強く感じました。

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です