慢性便秘治療、選択の幅広がる 新薬や漢方使いやすく

病気・医療

  • 113
  • 1
  • 0

favicons?domain=gooday.nikkei.co 日経Gooday 2019.05.06 UPDATE

1557127803NKMbCI3ZJR

治りにくく、生活の質を大きく下げる慢性便秘は人口の高齢化に伴って患者が増え続けており、推定で約450万人の患者がいるとされる。新薬が相次ぎ登場し、漢方薬も作用が明らかになるなど、症状や年齢ごとにきめ細かく対応できるようになった。ただ便秘は不規則な食事や運動不足なども影響している。専門家は「薬での治療だけでなく、生活習慣の見直しも重要」と指摘している。

記事全文を読む

14470668971477880a6ccd276940fee5df6833d2c2

松下綾

薬剤師 医科学修士

便秘薬の選択肢が広がったことを書いている記事です。ここ数年で医療用の便秘薬が数種類認可され、患者さんの選択肢が広がってきています。
記事にはアミティーザ、リンゼス、グーフィスなどの近年発売になった便秘薬が登場しています。
ここでもうひとつ気にかけたい、これらの薬の薬価を比較したいと思います。アミティーザは123円(24μg)、リンゼスは89.9円、グーフィスは105.8円と、比較的高額です。これと比べて、従来より多く使用されているマグミット錠は5.6円(330mg)です。確かに、慢性便秘で酸化マグネシウム製剤が何らかの理由で使用できない人にはこれらの新しい便秘薬は選択肢としてありますが、医療費のことを考えると、酸化マグネシウム製剤を使用できる人は従来の酸化マグネシウム製剤もこれまでどおり選択肢にあると思います。薬の選択の際はこれらのことも含めて医師や薬剤師とよく相談するとよいと思います。

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です