ステロイドが増えて血糖値が上昇 脱毛治療薬で糖尿病に?

病気・医療

  • 754
  • 1
  • 0

favicons?domain=hc.nikkan-gendai 日刊ゲンダイヘルスケア+ 2019.04.24 UPDATE

15560027514zMMI8ZNZV

髪の毛が薄くなって悩んでいる男性用の飲み薬として、「フィナステリド」(一般名、商品名プロペシア)と「デュタステリド」(一般名、商品名ザガーロ)の2種類が、お医者さんで使われています。この薬は男性ホルモンであるテストステロンが、より強力なジヒドロテストステロンになるのを妨害する作用があります。男性ホルモンは前立腺を大きくする働きがあるので、前立腺肥大症の治療薬として使われます。そしてもう一つ、男性ホルモンは脱毛の原因となるので、薄毛の薬としても使われているのです。

記事全文を読む

14470668971477880a6ccd276940fee5df6833d2c2

松下綾

薬剤師 医科学修士

男性が気になる薬としてよく口にする通称「毛生え薬」を飲むと、糖尿病のリスクが上昇するかも??という記事です。
記事のもとになっているBritish English Journal をみるIncidence of type 2 diabetes mellitus in men receiving steroid 5α-reductase inhibitors: population based cohort studyという論文があります。この記事はこの論文をもとにしているものではないでしょうか。フェナステリドなどの5α-reductase inhibitors 投与群では、タムスロシン投与群よりも糖尿病のリスクが高くなる可能性を指摘しています。この調査は健常人での比較ではありませんので、今後のさらなる検証が必要と思われます。しかし、記事にもあるように、糖尿病に気を配ることは誰がしてもよいことですから、特にこの薬を使用することが想定される中高年の方は、薬の服用に関わらず、食事、運動など普段の生活の中で糖尿病にも気を配るとよいでしょう。

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です