産後うつ、貧血だとリスク6割増 気力低下が原因に

病気・医療

  • 366
  • 1
  • 0

favicons?domain=mainichi 毎日新聞 2019.04.19 UPDATE

産後にうつを発症するリスクが、貧血がない女性と比べある女性は約6割も増えるとする調査結果を国立成育医療研究センターのチームがまとめた。貧血になると全身の倦怠(けんたい)感や疲れが取れにくくなり、気力が低下するためとみられる。妊産婦死亡のうち、最も多い自殺の原因の一つがうつ病とされており、チームは「貧血治療で産後うつの発症を抑えられる可能性がある」と指摘する。

記事全文を読む

14470668971477880a6ccd276940fee5df6833d2c2

松下綾

薬剤師 医科学修士

産後うつと、貧血との関連を見た、興味深い研究です。自身も産後、貧血になった経験があり、確かに気力の低下、倦怠感から、うつになりやすい状況だったなと、実体験があります。
産後うつは、重大な問題で、適切なケアが必要です。多くは精神科などの分野でケアしていくと思いますが、ここに貧血の確認をすることでリスクが評価できる意義はとても大きいと思います。貧血の値は専門医でなくても確認できますから、医師以外のコメディカルも、産後の女性のHb値に気を配るとよいかもしれませんね。

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です