「下痢止め」や「便秘薬」はタイプを知って適切に選ぶ

健康・予防

  • 103
  • 0
  • 0

favicons?domain=hc.nikkan-gendai 日刊ゲンダイヘルスケア+ 2019.04.19 UPDATE

1555572659o5iREDoc8Y

「お腹の調子」とは、胃の調子と腸の調子を指すことが一般的です。前回お話しした胃と胃薬に続き、今回は腸と薬について紹介します。  腸の調子に関係する薬には、止痢薬(下痢止め)、整腸剤、便秘薬などがあります。  まず、腸の調子=便の形状として捉えるなら、調子が悪い状態は「下痢」と「便秘」に分けられます。ともに、臨床ではよく見られる症状で、ほぼすべての人が一度はいずれかを経験したことがあるでしょう。

記事全文を読む

14470668971477880a6ccd276940fee5df6833d2c2

松下綾

薬剤師 医科学修士

OTCの下痢止めと、便秘薬に関する記事です。
下痢も便秘も日常よくある症状であり、背景に重大な疾患が隠れていなければ、記事のようなOTC医薬品での対応は可能です。
血便や黒色便が一度も医療機関で評価されていない場合や、毎日のように続いている下痢の場合は、背景に何か疾患が隠れていないか一度は評価する必要がありますので、気を付けましょう。また、便秘に関しても多くはOTCで対応可能かと思いますが、嘔吐・腹痛を伴う場合や、体重減少を伴う場合は、医療機関を受診しましょう。
OTC薬で対応する場合は、種類が様々ありますから、薬剤師に相談してから購入してくださいね。

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です