30歳以上の男性の約3割が高尿酸血症!? 悪化すれば痛風や透析にも

健康・予防

  • 396
  • 1
  • 0

favicons?domain=business.nikkei 日経ビジネス 2019.04.01 UPDATE

1554106819xzC33dMCYy

炭水化物による糖尿病、脂質による脂質異常症について解説してきましたので、3大栄養素の最後の一つである、たんぱく質の影響について今回は解説します。  食事に含まれるたんぱく質は、消化管でいったんアミノ酸のレベルまでバラバラに分解されてから吸収されます。その後、体内で再びたんぱく質に合成されて、適宜、必要な場所で利用されています。  筋肉や骨、血液、臓器はもちろん、様々な代謝になくてはならない酵素、伝達物質、免疫物質(抗体)などもたんぱく質で成り立っています。実に多岐にわたっていて、たんぱく質は人体のあらゆるところで重要な役割を担っています。

記事全文を読む

14470668971477880a6ccd276940fee5df6833d2c2

松下綾

薬剤師 医科学修士

高尿酸血症に関する記事ですね。
サラリーマンの多くが、尿酸値とコレステロール値の話題をつまみに飲んだことが(笑)あるのではないでしょうか。高尿酸血症の日本人男性の頻度は30歳以上で30%との報告もあります。
記事では、尿酸値高値となる原因について、尿酸の生産過剰型について述べられています。この尿酸生産過剰の引き金はアルコールが原因のことが多いといわれています。プリン体の多い食事に気を付けるとともに、アルコールの摂取量にも気を付けましょう。

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です