全国に広がる!中学生ピロリ菌検査の推進派&慎重派の言い分

病気・医療

  • 288
  • 0
  • 0

favicons?domain=jisin 女性自身 2019.03.29 UPDATE

1553832188j7sd9HU9Ii

「胃がんリスクを高めるといわれているピロリ菌の検査を、中学生を対象に導入する自治体が全国的に急増しています。さらに、ピロリ菌に感染している生徒が希望すれば、各自治体の負担で、無料で除菌の処置も行っています。しかし、中学生の段階での検査が本当に必要かどうか、危険な副作用がある抗生物質を服用しても大丈夫なのかなど、医学的検証が十分にされていない段階で、実施に踏み切っていることに、強い危機感をおぼえるんです」 こう憤るのは、立教大学教授で精神科医の香山リカさん。県全体で取り組んでいる佐賀県、約半数の自治体が実施している北海道を筆頭に、秋田県、新潟県、大阪府なども一部の自治体で、中学生対象のピロリ菌検査が行われている。

記事全文を読む

14470668971477880a6ccd276940fee5df6833d2c2

松下綾

薬剤師 医科学修士

ピロリ菌の除菌を中学生にすることが妥当か?という記事です。
日本人の胃がんのほとんどがピロリ菌が原因と言われており、その除菌を早い段階でするほうが、ピロリ菌によるダメージを受ける期間が短くなり、将来の胃がん発生リスクを下げるといわれています。
ただ、検査方法も様々あり、検査結果を正しく解釈することもとても重要です。通知に〇〇検査:陽性、とだけ書くのではなく、結果の通知をするときに専門家を交えて、本人の治療意思決定をサポートできるような体制を整えるのも大事ではないでしょうか。

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です