医者に「薬を減らして」と言うと喜ぶ理由

病気・医療

  • 383
  • 0
  • 0

favicons?domain=president プレジデントオンライン 2019.03.28 UPDATE

1553672023efehtyKz8u

薬を減らしたいときは、どのように医師に伝えればいいだろうか。長尾クリニック院長の長尾和宏氏は、「薬は最低限にしてほしい」と受診の際に医師にはっきり伝えることが大事だと語る。 「よく誤解されますが、薬をたくさん出したから医師が儲かるわけではない。むしろ7種類以上の薬を出すと処方せん料も処方料も安くなります(※2)」

記事全文を読む

14470668971477880a6ccd276940fee5df6833d2c2

松下綾

薬剤師 医科学修士

減薬に関する記事です。
記事では、「患者さん、余っている薬があったらどうぞ申し出てください」とのことが書かれています。
診療報酬、調剤報酬の観点からも減薬をすることにより医療機関が算定できる点数が見直されてきており、減薬に積極的な医師も増えてきています。患者さんにとっては長期的にみると自己負担の軽減につながります。この記事では「医師に申し出ましょう」と書かれていますが、もちろん薬局で薬剤師に申し出てもOKです。
そして、なぜ薬が余るのか、その背景も重要ですので、薬が余ってしまうという方は是非気軽に町の薬局の薬剤師にも相談してみてください。

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です