歩く速さと運動強度の関係が判明|1分あたりの歩数でMETsがわかる

スポーツ

  • 282
  • 0
  • 0

favicons?domain=www.lifehacker ライフハッカー 2019.03.07 UPDATE

15519425165BH3sdxF1C

日々の運動に切磋琢磨されている方も多いことでしょう。 なんとなく身体を動かすよりも運動強度を意識してプランを立てたほうが効果的。そんなことは百も承知でも、METs/メッツ(※詳しくは後述)や酸素摂取量による計算に壁を感じているかもしれません。 そういった方々にとってはラッキーなことに、1分あたりの歩数を測るだけで運動強度がわかることが判明しました。 自身で目安にするにも、人に運動をすすめるにも、とても簡単かつ実用的な運動強度の測定法をご紹介していきます。

記事全文を読む

1459485756604fb09ee7655736eba9ffef63f3fb3a

笹井浩行

東京大学大学院総合文化研究科・助教 博士(スポーツ医学)

1分間あたりの歩数により、おおよそ運動強度がわかることを紹介した記事です。

専門的には、単位時間あたりの歩数をケイデンス(cadence)と呼びます。ケイデンスに関する世界的に著名な研究者の論文が引用されており、好感が持てます。

紹介されている研究では、1分間あたり100歩が中等度(3メッツ)、130歩で高強度(6メッツ)に相当するとされます。

ただ、自分で歩数を数えながら生活するのは現実的ではありません。歩数計や活動量計、ウェアラブルデバイスなど客観的に歩数を測れる機器を有効活用すると良いでしょう。

一般向けの最近の歩数計には、単位時間当たりに一定以上の歩数を積み重ねた時間のみを数える機能もあります。つまり、まとまって一定強度で歩いた時間を数える機能です。

簡便でありながら、より正確に運動強度を知ることができれば、健康づくりに役立つと思います。

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です